タニタコーヒーより寝る前に飲めるコーヒーとして、『カフェインレス モカブレンド』が販売されました。このコーヒーには、3つのこだわりがあるそうで、以下のようなポイントがあるようです。
タニタコーヒー『カフェインレス モカブレンド』

1.豊富なクロロゲン酸
この「クロロゲン酸」というのは、コーヒーに多く含まれている「ポリフェノールの一種」だそうです。
ちなみに「ポリフェノール」というのは、植物が光合成を行うときに作られる物質のようで、お茶も含めて渋味や苦味がありますが、これを「ポリフェノール」と呼びます。
この「ポリフェノール」には「抗酸化作用」があることから、体内の酸化や動脈硬化などの様々な「生活習慣病」の抑制にも良いんだそうです。


2.おいしさとクロロゲン酸の両立
「クロロゲン酸」については、上記で書いてあるとおり、渋味や苦味があることから、「クロロゲン酸」を多く含みつつ美味しさを実現するのは大変なんだそうです。そこでタニタコーヒーは、焙煎会社の豊富な研究と実績によって生み出された特殊な焙煎技術を採用することにより、「クロロゲン酸」を多く含みつつも美味しさを実現する方法を開発したんだそうです。


3.上質な豆をたっぷり使った贅沢抽出
原料豆は「アラビカ種」を100%使用してるんだそうです。この「アラビカ種」は、酸味が強く、香りは花のような甘い香りがすることから、とても上質な味わいが楽しめるんだとか。


そしてなぜか、シャープ株式会社(SHARP)の中の人も、ツイッター(Twitter)で嬉しくてツイートしてたようなので、この口コミについても紹介したいと思います。

タニタからデカフェが新発売!
なぜかシャープがタニタの中の人を演じていますねw

スポンサーリンク


中身はもしかしてタニタ!?
完全に中の人と思われてもしょうがないですよねw
どこで売ってるの?
そしてしっかりタニタの営業をするシャープさんw
その他、雑談
シャープに対する印象が上がったようですねw